FX比較 HomeFX比較一覧

FX比較一覧


FX比較を一覧で確認。比較したい項目のページに進んでください。

FX総合比較
FX会社を総合的に比較。

主要なFX会社の「手数料」「レバレッジ」「スプレッド」「通貨ペア数」から「初回入金額」「信託保全の有無」「モバイル対応」まで徹底的なFX総合比較表です。

手数料やスプレッドのコスト面を重視する方、レバレッジを重視する方、 取引スタイルに応じてFX会社を選びましょう。
スワップ金利比較
スワップ金利を一覧で比較。

スワップ金利は、FX会社によって提供する額が異なります。スワップ派の方はもちろんですが、そうでなくてもスワップ金利は高いほうがいいに決まってますから、高いスワップ金利を提供するFX会社を選びましょう。
レバレッジ比較
FX会社各社のレバレッジを比較。ご自身の投資スタイルに合わせたレバレッジを提供する会社を選びましょう。
手数料比較
手数料を比較。FXでは、手数料無料がもはや常識の世界になっています。ですから、手数料を比較する上では、もうひとつのFXのコストである「スプレッド」も加味して検討する必要があります。
スプレッド比較
スプレッド+手数料比較。

上記の通り、FXのコストは手数料だけではなく、スプレッド(売値と買値の差額)も取引者のコストになります。

スプレッドと手数料を合わせた総コストで比較するのがポイントになります。
信託保全比較
信託保全先及び自己資本比率で比較。信託保全とは、FX業者が顧客から預かった資産をFX業者の資産とは区分して信託銀行などに信託することをいいます。これによって、FX業者の破たんリスクから顧客資産が回避されるという仕組みです。

FX業界でも規制が強くなっており、今では、預託資金のみならず売買差損益やスワップ金利なども含めた全額信託保全が求められています。
通貨ペア比較
取扱通貨ペアの多いFX会社を紹介。

FX会社によって取り扱っている通貨ペア数は異なります。

高金利通貨として人気の出てきたトルコリラやその他マイナー通貨は取り扱いできるFX会社が限られてきます。
1000通貨比較
1000通貨から取引できるFX会社を比較。1000通貨から手数料無料で取引できる会社もあります。
約定力比較
FXで第三のコストといわれるのものとして、約定力やスリッページというものがあります。

約定拒否で注文が通らなかったり、スリッページで約定値段が飛んでしまう事態がコストになるわけです。

約定力の高い会社、スリッページの無い会社を紹介します。
システムトレード比較
FX業者の口座を開設すると付随するサービスとして、システムトレードツール(自動売買システム)が使えるところもあります。初心者の方にもわかりやすくなっており、お薦めです。
       

外為オンライン
外為オンラインなら、スワップ金利は業界屈指の高水準で安定して高い!スワップ金利で選ぶなら外為オンラインで決まり!!

DMM.com証券なら、米ドル円スプレッド0.3銭原則固定と業界最狭レベルのスプレッド!他の通貨ペアのスプレッドも狭い!

マネーパートナーズなら、約定率100%。6年連続「約定力」NO.1!スリッページ及び約定拒否無し。実質取引コスト「最安」

FXトレーディングシステムズ「FXブロードネット」にて、24時間リアルタイムで為替ニュースを配信。重要指標発表をより早く入手。すべて無料。

GMOクリック証券
GMOクリック証券なら、米ドル円スプレッド0.3銭原則固定。スワップ金利も業界最高水準。FX取引高4年連続「世界第1位」!!上場企業グループ。

外為ジャパンなら、1000通貨単位から手数料無料!ドル円スプレッド0.3銭固定とスプレッドも最狭!スマートフォンにも対応でモバイル取引環境充実。

掲載FX会社

  
外為オンライン GMOクリック証券 ヒロセ通商 FXブロードネット セントラル短資FX
外為ジャパン インヴァスト証券 DMM.com証券 みんなのFX FXCMジャパン証券
ひまわり証券 IG証券 FXプライム マネーパートナーズ YJFX! [外貨ex] YJFX! [C-NEX]
M2J FOREX.com ライブスター証券 マネックスFX FXTF 外為どっとコム
岡三オンライン証券 セブンインべスターズ kakaku FX ジャパンネット銀行 ディールFX


GMOクリック証券 岡安商事 インヴァスト証券 スター為替証券
ページトップへ
Copyright (C) FX比較|FX会社選び【2017年版】 All Rights Reserved.